審査員

審査委員長 阿部 秀樹(あべ ひでき)

1957年藤沢市生まれ。立正大学文学部卒業。目の前が海という環境に生まれ幼少時代から海が遊び場。22才の時に本格的にダイビングと水中写真を始め23才の時に沼津市内にある大瀬崎を知りその生物の豊富さと多様性に驚きホームグラウンドを大瀬崎として、ここで撮影した写真は各界で注目を集める。現在は日本の海の多様性に注目して北海道から沖縄まで、水中にとどまらず漁業や海を取り巻く様々な姿を収めている。また水中生物の生態撮影が得意分野であることから雑誌・テレビ番組等で活躍、コーディネートなどもおこなっている。特にイカ・タコ類の撮影では国内外の研究者と連携した貴重な映像・撮影は国際的な評価を得ている。

静岡県沼津市我入道 在住

主な活動と著作・作品

  • 第18期「燦燦ぬまづ大使」歴任
  • 仏映画「OCEANS」においてスチル撮影を担当(一部)
  • NHKテレビ番組「ダーウィンが来た
  • 「イカ・タコガイドブック」阪急コミュニケーションズ刊、「海藻 (ネイチャーウォッチングガイドブック)」誠文堂新光社刊、他魚類図鑑写真提供多数、新聞・雑誌連載等で活躍。

審査員

ダイビングショップ

シードリーム
沖永良部

東 進一郎

むがむが
ダイビング

河本 起世久

サウスエンド
ダイビング

中村 琢二

コメントは受け付けていません。